受付時間 10:00〜12:30 15:30〜20:00 木曜日は10:00〜13:30【日祝休診】

~あなたの幸せのお手伝いをする整体院~

私が不妊体質になり、成人型アトピーになった理由

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

子どもの頃から病気がちってわけでもないし。

お腹は弱かったけど

母親も外食とかお惣菜は好きじゃなくて

料理も手作りだったから栄養状態はいい方だったと思う。

お菓子とかも食べてはいたけど、常識の範囲内って感じでした。

 

結婚してからも妻が料理好きだから手料理の方が全然多かったし、

お昼も手作り弁当を持たせてくれたし(感謝感謝)

一般的な観点からは健康的な生活を送っていた方だったと思っていました。

私が不妊体質になり成人型アトピーになった理由

※あくまで私自身の体の考察です。

その1

19歳〜22歳

高卒とともに専門学校に進み東京で2年間一人暮らしを始めました。

 

その2年は男の一人暮らしですから、ひどくもあったけど

料理する時間取れる日もあってまだマシだったかなと。

 

その後、就職して静岡で一人暮らしをしました。

整骨院で働きながら、日曜はトレーナー活動したりとあまり休みはなかったものの充実はしていました。

 

しかし、働いた整骨院が朝出勤して、帰るのが早くて22時汗

遅い日は24時を過ぎることも笑

 

もちろん料理なんてできるはずがない。

 

納豆を3食食べて、卵とかお惣菜とかサラダ買ったりして凌いでましたね。

とにかくお金がなかったので、食品の質になんてこだわっていられませんでした。

栄養足りない食事

みかねた母がおかずを余計に作ってくれて、クール宅急便で送ってくれるようになって少し持ち直しましたが、

この時すでに、ミトコンドリア機能低下、低血糖症、副腎疲労という状態になっていたと思います。

 

自覚症状としてはとにかく朝起きるのが苦手でした。

目覚まし何個もかけても遅刻ギリギリに目が覚めるか、たまに遅刻していました。

あと、慢性疲労。

毎日なんだか疲れている状態。

休みの日は昼まで寝ていまうこともしばしば・・・

 

不整脈も発症しました。

これはミトコンドリア機能低下、コエンザイムQ10が枯渇してしまっていたのかもしれませんね。

 

でも、ここではまだリカバリー可能な状態だったと思います。

その2

23歳〜28歳

鍼灸・柔道整復師の資格を取るために地元に帰り再び専門学校に通いました。

 

ここでの5年間が酷かったw(一つの学科が3年間、1年間は昼夜ダブルスクールで通いました)

就職その1

働きながら学校に通ったのですが

最初に勤めたところは大手のチェーン展開をしている整骨院。

 

朝から働いて昼は学校、終わったら仕事に戻り終わるのは早くて21時とか。

休みは店舗にもよって違ったけど酷い時は月一回だけ。

 

しかも休みの日でも学校はあるから、実質何もない日はほぼゼロ。

 

月に2回くらいだったかな?仕事後に車で40分くらい離れた系列院で勉強会。

帰るのは1時過ぎ。

過労、睡眠不足は副腎疲労に

はいw副腎疲労悪化ww

 

いい加減嫌になったのとあまり勉強にもならなかったので1年で退社。

 

自覚症状としてはこの頃から昼間も眠気が絶えませんでした。

常に疲労感に襲われて、昼寝をいっぱいしたいーっていつも思っていました。

甘いものやカフェインに依存し始めたのもこの頃。

低血糖症の副腎疲労典型例です。

あと、喉がよく乾き、おしっこによく行きたくなっていました。

これは糖尿病予備軍状態ですね汗

就職その2

ちょっとこの業界のブラックなところに接してしまい嫌になり少しインターバルがありましたが、

日祝休みで午後のみの勤務でいいところに就職。

 

でも務めてみたらそこの院長が超恐い汗

 

体育会系だったので怒られることにはある程度慣れていましたが、本当に殴りかかってくるんじゃないかというくらいの勢いで怒る人でした・・・。

 

しかも、怒る理由がわからない。

 

昨日教わった(怒られた)通りに今日やったら今日は怒る。

しかも、昨日そうやったら怒ったじゃん汗って理由で。

もうメチャクチャ!

そのくらい我慢しろよって思うかもしれませんが本当にメチャクチャだった汗

恐怖のストレスは副腎疲労に

・・・はい、また副腎疲労悪化www

 

さらに、想定していた半分くらいしかお給料くれなくて・・・

 

早朝コンビニバイトを始めました。ここでまた体を壊していきます。

 

3ヶ月後、我慢の限界を迎えた私は院長とバトルw

退職・・・。

就職?その4

もうこの業界から一回離れたくなってコンビニバイトで凌ぎました!

ですが、学費も払ってお金が足りなかったので夜勤も週3くらい入れていました。

 

夜勤は副腎疲労になりやすいです。

 

また悪化・・・w

就職その5

学校の事務員さんから接骨院の仕事を紹介されて、そろそろ復帰してみようかな〜と復帰。

 

昔ながらの接骨院でしたが、そこの先生はとてもいい人で結局開業直前まで5年くらい勤めました。

 

しかし、鍼灸3年生(昼間部)と柔道整復師1年生(夜間部)を同じ年にしていたのがこの時期でお金が足りないのでコンビニ夜勤を継続。

 

最終的に大腸炎になって倒れるまで半年くらい?

 

朝仕事、昼夜学校、週3回夜勤コンビニを続けました。

 

あ、コンビニの早朝の代わりが見つからなくて仕事の前に早朝コンビニをしていた時期もありましたね。

 

気づけばいいのにこの時は体はボロボロ。

 

コンビニは辞めたものの国家試験が近かったので、睡眠時間も短かったしね。

さらに学校に向かう途中に糖質とグルテンの塊のような菓子パンをよく食べていました。

その時は理由がわかりませんでしたが(わかれよw)アトピーを発症したのもこの時期でした。

あ、お金は奨学金に頼りました。

就職5.5

無事学校を卒業して、国家試験も受かって普通の人の生活に戻ったのも束の間。

 

辞めときゃいいのに、もっと技術を勉強したい!

 

みたいな感じで仕事が終わった後に週3回、通常業務後にスポーツ選手をターゲットにした整骨院で20時〜23時くらいまで働きました。

 

帰るのは早くて12時くらいだったかな。

 

そんな生活を2年弱続けました。

 

残念ながら、回復のチャンスを自ら棒に振った形となりましたw

その3

29歳で開業!!

生活も元通り!

ってわけにいかなかった。

既にボロボロの体に開業のプレッシャーがのしかかり、

しかも、経営の勉強なんてしてこなかったツケがまわり、まあ苦労しました。

自分が悪いんですがね。

ボロボロだからすぐエネルギー切れ。

 

低血糖症、ミトコンドリア機能低下の人の特徴なんですが、暇さえあればチョコでエネルギー補給。

 

栄養剤も毎日飲んでなんとか体を動かす感じ汗

こんな体力なくてやっていけるのかなぁって不安になっていましたね。

とにかくいつも疲れていた。

チョコと栄養剤でエネルギー補給

絶対100万売り上げるぞ!

みたいな感じで夜中の3時とかまでホームページいじったりチラシ作ったり、ブログ書いたり、YouTube投稿してみたりしていた時期もありました。

今思うとなんのための目標?って感じですがw

そんな生活を2年くらい前まで続けたいました。

 

あなたはどうですか?

さすがにここまでメチャクチャな生活をする人は少ないでしょうか?汗

 

でも、いくつか似たような状況あった人いませんか?

 

自分のために少し生活を見直してみませんか?

 

本当に、どうしてもその状況は変えられませんか?

 

もしそうなら、その中でもやれることはあるんです。

 

長くなったのでひとつだけ紹介すると、例えば夜勤なら寝る前3時間は何も食べない、スマホを見ないだけでも体は楽になります。

 

実際整体の反応も変わってきます。

私の生活を反面教師にみなさんの生活の見直しになればいいなと思います。笑

 

今の私は?

2019年の年末から分子栄養学の勉強を始め、自身の体質改善にも務め、開業して8年ちょっと経ちましたが、開業当初より体は元気に働いていますよ!

 

今なら2人目授かっても、バリバリ子育てできるぜ!って感じです!

 

発症したアトピーもだいぶ良くなりました♪

来年には完治したいな^ ^

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 整体院CLOVER , 2022 All Rights Reserved.