受付時間 10:00〜12:30 15:30〜21:00 木曜日は10:00〜13:30【日祝休診】

~あなたの幸せのお手伝いをする整体院~

院内改修工事に伴う休診のお知らせ

低氣圧で肩こり・頭痛が起きる原因

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

低氣圧で肩こり・頭痛が起きる原因は?

氣圧の変化によって体に何が起きるのか?

体の中には少なからず氣泡のようなものがあると言われています。
関節の中にも氣泡はあるそうで、関節をポキポキっとならすあの音は氣泡が弾ける音だそうです。

ナックルクラッキング(関節の割れる音)

雨の前は低氣圧になりますので体内の氣泡が膨張すると言われています。

画像はネットからお借りしました

画像はネットからお借りしました

懐かしのカール。
氣圧の低い山頂に持っていくとスナック菓子の袋がパンパンになっているのを見たことがあると思います。

低氣圧で体内の圧が膨張すると関節の中の氣泡もこんな感じになっている!?

体内の氣泡が膨張すれば神経や血管、筋肉などを圧迫し、血流も悪くなるので、痛みや不調の原因となります。

特に普段から血流の悪い場所や古傷などで血流が悪くなっているところでは痛みが発生しやすくなります。

 

低氣圧による不調を避けるには

残念ながら氣圧の変化から逃げる方法はありません。
ですが対策は取れます。


対策としては

✔不調が出る場所を温める

血流を上げるだけでも不調は改善されるものです。

痛みや不調を感じる部位を温めましょう。

 

✔お腹を温める

内臓性の問題が絡んでくると、内臓に対応する筋肉が固くなりますので、お腹の冷えやすい下腹部あたりや、自分で触ってみて冷たく感じるところを温めるのも有効です。

 

温め方は?

ホッカイロをあててもいいですし、何かを巻いたりして温めてもいいです。

お腹なら腹巻を巻いてもいいですね!

寝ている時のホッカイロは低温やけどの恐れがあるので避けましょう。

それからお風呂にはきちんと入ってくださいね!

 

 

内臓整体 5500円
※初診料等は頂いておりません。2回目以降も同料金になります。
初診時は80分ほどお時間を頂いております。ご予約には限りがございますのでお早めにご連絡ください。

 

ご予約・お問い合わせは

お電話またはLINEから受け付けております

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

Copyright© 整体院CLOVER , 2020 All Rights Reserved.